RIZAP系分析04

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
1クリックに感謝


RIZAP資料1



ワンダーは大きな特別損失を出したのに

現金が9億円ほど増えて

借金(有利子負債)が16.3億円減少

これは今回のRIZAPの大幅赤字を象徴している

不採算店だけでなく黒字店舗まで戦略的に整理

在庫を1円で計上するなど

BS上で資産を減損処理

そう帳簿上での処理

松本晃氏がカルビー時代から主張していた

儲からないことはやらない経営に軌道修正したのだろう

瀬戸社長が今期黒字化できなければ辞任と表明したのも

すでにM&Aの再開をにおわせているのも

軌道修正の一環として

リスクを前倒しで改革のコストとして計上

帳簿上で改革を先行して終わらせたからだろう

借金は141億円返済

現金は昨期とほぼ変わらず

現金に余裕があれば打てる手は多い

改革に自信があるのはこういうことか

総悲観は中身を見るまではわからない

そうでなければ総悲観は買いという格言は生まれない

イメージと事実のギャップに利益は隠されている

次回はワンダーの可能性の大きさについて書いてみたい


割安株ランキングを確認

ブログランキングへ戻る



応援ありがとうございます

プロフィール

1510

株式投資勝ち組ひとりごと

成功は負けにくい投資から生まれる










【免責事項】

内容は自己責任で判断してください

如何なる損失も責任を取れません

ブログの転載もお断りさせて頂きます

カテゴリー

月別アーカイブ